今話題のCBDは日本で合法なのか?あなたの不安を解消します

  • 2020年10月25日
  • 2020年12月12日
  • CBDとは
CBDって聞いたことあるけど怪しいよね。
大麻なんでしょ?ぜったいアブナイ!
でもこの前デパートで売ってるの見たんだよね。
ズバリ、CBDは健康食品なんです。
日本ではまだまだ認知が低いですが、海外ではその研究がかなり進んでいて世間一般にかなり浸透しています。
原料は日本で印象の悪い大麻なんですが、一口に大麻と言っても生産方法やCBDを抽出する部位によっては日本で合法になります。
合法だとしてもそれはグレーでやっぱりアブナイ物なんじゃないか?
健康食品と聞いて興味はあるけど手を出すには安全性や法律の部分で気分的にモヤモヤする。
今回はそういった懐疑的な部分を払拭して、あなたの生活の一部に安心してCBD製品を取り入れらるよう知識の手助けをしたいと思います。
CBD製品の正しい情報を知ることで、安心して毎日の生活に取り入れらることができて、体の不調を改善することにつながれば、今後の生活が楽になる。

【知っておくべき】今話題のCBDとは?

冒頭にもお伝えしましたが、CBDは健康食品です。

一言でサプリだと思っていただければいいですね。

この記事を読んでくださっているあなたは、CBDについて興味がありながらも安全性や法律の関係で不安要素があり、イマイチよくわかっていないために手を出すにも出せない状況だと思います。

まずは安全性という部分でCBDを摂取する事によるすばらしい効果と、製品になった時どういった形状になって販売されるのかを種類としてお伝えしておきます。

CBDの効果

CBDの効果に関してはいろんなことが言われてますが、一言で言うとリラックス効果です。

不安や心配を取り除いたり、不眠症、鬱症状にも効果があると言われています。

こういった症状の根源は心の健康状態に起因するのですが、起きている時に活発になる交感神経が働きっぱなしになり、副交感神経の出番が少なくなると、いつも体が緊張状態になって不眠症や鬱状態になります。

なので、CBD製品には体の緊張からくる悪影響を緩和するリラックス効果があると覚えておけばいいです。

CBD製品の種類

CBD製品にはいろいろな種類があります。

それは次項で説明する摂取方法により違いますが、主に見かけるのが、

  • オイル
  • リキッド
  • クリーム

この3種類だと思います。

他にもカプセルにCBDが入ったものやフェイスマスク、リップクリーム、食品にCBDを混ぜ込んだものがありますが、その種類はこれからもっと増えてくると思います。

関連記事

CBDの成分が入ってる商品てすごいたくさんあるよね! 食べる、吸う、塗るの3種類からさらに商品が枝分かれしてる感じだね CBDの成分が入った商品は本当に多いので、初めての方はその種類の多さにま[…]

CBDの摂取方法

CBDの摂取方法は、

  • 経口摂取(食べる)
  • 吸引摂取(吸う)
  • 経皮摂取(塗る)

の3種類です。

この摂取方法に合わせた製品が、枝分かれにいろんな商品として販売されます。

関連記事

CBDの摂取方法ってどんなものがあるの? 食べたり吸ったりもするし、塗って摂取するものもあるわね。 その中でおすすめの摂取方法はあるの? CBDは健康食品なので体に取[…]

CBDの製法

CBDという成分を原料から抽出する時の製法には

  • フルスペクトラム
  • ブロードスペクトラム
  • アイソレート

の3種類がありますが、これによってCBDの成分に違いが出てきます。

詳しいことは割愛しますが、この製法に優劣は付けられず、他の原料との組み合わせで効果が変わってきたりするので一概には言えません。

ただ、どの製法であろうとCBDの恩恵は充分に受けられます。

関連記事

CBDって大麻成分だから、ただでさえ怪しいのにその中でもさらに分類されるってどうゆうこと? 複雑すぎて導入意欲がなくなるわぁ CBDは商品になる前の原料の時点で3種類に分かれますが、その名称は[…]

CBDの原料は麻(ヘンプであり産業用大麻)

CBDに対する不安要素に原料が関係しているのはよくご存じだと思います。

CBDの原料→大麻→マリファナと同じ→危ない

まだCBDに関する知識が少ない人はこういった思考が働いて、結果『怖い』『危ない』となると思いますが、知識をしっかりと持つとそんなことはないという事が分かります。

実はCBD製品は麻(ヘンプ)の茎や種子から抽出されます。

産業用大麻とも言いますが、大麻草の仲間です。

実は大麻草という名称は大きなくくりであって、そのなかにCBD製品の原料である麻(ヘンプであり産業用大麻)が品種改良により存在しています。

日本では違法なマリファナの原料である大麻は大麻草の中の大麻と言えばいいでしょうか。

麻(ヘンプであり産業用大麻)は、危険と言われているマリファナの成分THCの含有比率が極端に低いので非常に安全です。

簡潔に説明すると、

大麻草の大麻を原料とするマリファナは精神活性作用(キマる)のTHCの含有比率が高く違法。
大麻草の麻(ヘンプであり産業用大麻)を原料とするCBDは精神活性作用のあるTHCの含有比率が0.3%未満かフリーのため健康によく合法。

この考え方で大丈夫です。

麻やヘンプからCBD製品が作られる』であれば悪い印象はそう無いんですが、産業用大麻を端折って『大麻からCBD製品が作られる』と言われると、間違いではないのですが、誤解を招く基となりイメージが悪くなるんです。

CBDは日本で合法なんだけど・・・

ここまでくるとCBDが日本で合法で危険がない事はお分かりだと思います。

しかし、マリファナと同じ大麻草の仲間が原料であることから、間違いが起きると違法になる可能性があります。

その間違いとは何か?という事ですよね。

先ほど、麻(ヘンプであり産業用大麻)の茎や種子は精神活性作用のある成分THCの含有比率が0.3%未満かフリーと言いました。

この事から、例えば非正規のルート(正規代理店を通さない)で入ってきたCBD製品を購入したりすると、もしかしたらTHCの成分が入っていたという事も考えられ、それを所持した結果、違法となるケースもあります。

その理由は、日本の法律では麻(ヘンプであり産業用大麻)は茎と種子からしか成分を抽出できないという事が決められていますので、現状CBDの原料である麻(ヘンプであり産業用大麻)は外国からの輸入に頼ってますから、その生産地で茎や種子以外のものでCBD製品が作られたとすると、これまた違法となるわけです。

外国はその国での法律にのっとってCBDを生産してますから、もし麻(ヘンプであり産業用大麻)を使用するにしても、必ずしも茎や種子しか使わないというわけではなかったりするので、そういった意味でも日本に正規代理店を置いた海外メーカー、あるいは税関をしっかりとパスしたCBDを輸入しているという証明のある日本メーカーを選ぶべきです。

関連記事

海外メーカーのCBDって怖くない? 全くの誤解ですよ。 CBD製品における海外の歴史は日本よりも長く、一般にも広く認知されているので安全性と信頼性は日本のメーカーよりも高いんです。 悩む女性 そうは言っても日本と[…]

関連記事

どうしても日本製がいいという人へ。 「CBD製品は海外の方が実績や信頼性があり、歴史も長い」 と言われてもやはり日本人は日本製に安心と信頼を寄せます。 悩む女性 体の中に取り入れる物なんだし、やっぱりジャパンブラ[…]

これからのCBD業界は飛躍しかない!

CBDについていろいろお話してきましたが、認知の低い日本ではまだまだ発展途上です。

しかし、前述してきた事を考えると、これからの健康食品の定番としてCBD製品が一般家庭に浸透するのは時間の問題ではあると思います。

CBD市場が拡大

ここ数年でCBD製品の海外メーカーが日本に正規代理店を構えたり、日本の法律に準拠した生産ラインを構えたりと、日本の市場に対していろんな活動をしてきています。

最近では日本の大手デパートでも海外のCBD製品を取り扱う風潮になってきているので、これからもその勢いは加速していくでしょうね。

日本製が多くなる

日本人はメイドインジャパンに弱いです。

すでに日本製を打ち出したCBD製品は出始めています。

海外に比べてCBDに関する歴史や研究が乏しいので、まだまだ発展途上ですが、それでも日本製に安心感をおぼえて購入する人がいるので、これからどんどん日本製CBDは増えていくでしょう。

しかし、今の日本の法律では原料のCBDは海外に頼る事になりそうですから、日本製と言えど輸入してからの工程、あるいは最悪、検査工程だけがMade in Japanという事になります。

他の健康食品の認識と違いなくなる

CBDの不安要素が払しょくされて、テレビやその他メディアで盛んに報道されれば、一気に認知と人気が高まって他の健康食品と違いなく家庭に浸透するでしょうね。

そうすれば、需要が増えるようになりますから、価格も下がってくると思います。

日本製のCBD製品も品質が上がってくるでしょうから今よりもさらに安心して購入できるはずです。

まとめ

いかがでしたか?

不安要素がたくさんあったCBDですが、これで少しは安心感が出たんではないでしょうか?

ここでまとめてみましょう。

CBDとは、

  • リラックス効果のある成分
  • 製品としての種類は主にオイル、リキッド、クリームがある
  • 摂取方法は経口、吸引、経皮がある
  • 製法にはフルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートがある
  • CBDは大麻草の中の麻(ヘンプであり産業用大麻)を原料とした健康食品であり、マリファナの大麻とは品種が違う
  • マリファナに見られる精神活性作用のTHC成分を含まない、さらに茎や種子から抽出されたCBDであれば合法
  • 正規代理店の海外メーカー、税関をパスしたCBDを輸入している日本メーカーであれば安心
  • CBDに関する不安要素が払しょくされれば一気に日本市場に浸透する

以上です。

日本は海外よりも大麻に関する印象が悪いので、そのイメージを早く払しょくして人類の永遠のテーマである健康の一助となればいいですね。

関連記事

海外メーカーのCBDって怖くない? 全くの誤解ですよ。 CBD製品における海外の歴史は日本よりも長く、一般にも広く認知されているので安全性と信頼性は日本のメーカーよりも高いんです。 悩む女性 そうは言っても日本と[…]

関連記事

どうしても日本製がいいという人へ。 「CBD製品は海外の方が実績や信頼性があり、歴史も長い」 と言われてもやはり日本人は日本製に安心と信頼を寄せます。 悩む女性 体の中に取り入れる物なんだし、やっぱりジャパンブラ[…]

最新情報をチェックしよう!